医者

辛いアレルギー性鼻炎の症状を抑える|適切な方法で対処

鼻の異常への対処例

鼻炎の男性

主な特徴と対処での工夫

現代では気付かないうちに身の回りで様々な成分が飛び交い、呼吸によって体内に入り込んでいます。こうした成分の中には、体内の免疫機能を過剰に刺激し、アレルギー反応を引き起こす成分も存在します。そうしたアレルゲンによるアレルギー症状として現れやすい症状の1例がアレルギー性鼻炎です。アレルギー性鼻炎の具体的な仕組みとして、まず最初に侵入したアレルゲンに対抗するため、免疫機能が抗体という対抗成分を作り出します。これが体内の肥満細胞群に付着する事で、その下地が完成します。この状況で再びアレルゲンが侵入すると、肥満細胞に付着した抗体と結びつきます。すると肥満細胞から鼻水などの原因となるヒスタミンを中心にした、アレルギー性鼻炎の症状を起こす物質が分泌されやすくなります。そのため、酷い鼻水やくしゃみ、鼻詰まりが起きる、という仕組みになっています。したがって症状の緩和には、アレルゲンの吸収を抑える事や、抗体と肥満細胞との結びつきを抑える、等が主な方法となります。

新しい対処法への注目

こうしたアレルゲン吸収の抑制や、抗体との結びつきをコントロールする際には、掃除や移動といった自主的な対処や薬物による制御が従来の方法でした。しかしこれらはあくまでアレルギー性鼻炎の症状「緩和」が主とした対処ともなっていました。アレルギー性鼻炎には大きく分けて季節性と通年性という2タイプが挙げられますが、ハウスダストなどが主な原因となる通年性の症状では、緩和のための行為自体が難しくなっています。それが近年では、根治も期待できる方法として、アレルゲン免疫療法と呼ばれる方法が注目されています。免疫機能への刺激を弱めにしたアレルゲンを意図的に添加し、免疫機能の反応を慣れさせる事で、激しい反応は起きない様にする狙いがあります。この方法は通年性のアレルギー性鼻炎で特に多いとされるダニアレルギー型に効果が高いとされ、そのタイプの患者であると判断される事が必要となっています。

鼻の調子がおかしいのなら

woman

風邪でもないのに鼻の不具合が長く続く場合には、アレルギー性鼻炎になっている可能性があります。そんな時には、耳鼻科で検査してもらうことをオススメします。症状に合った治療をお手頃な価格で受けることができるため便利です。

More Detail

不安は早めに解消しよう

相談

突発性難聴のように予期せずして起こる耳のトラブルには、新宿区の耳鼻科で早期に治療方針を決める事が重要です。治療が遅れると治りにくく、画像検査や聴力検査などから病因を早期に見つける事で難聴や耳鳴りを回復させることができます。

More Detail

鼻詰まりの治療ができる

診察室

新宿には耳鼻咽喉科の病院があり、利便性がよく、会社帰りに受診できるので人気があります。鼻と喉はつながっているので、喉の異常の原因が鼻にある場合もあり、耳鼻咽喉科では原因を解明して、適切な治療が行えます。

More Detail