先生

辛いアレルギー性鼻炎の症状を抑える|適切な方法で対処

不安は早めに解消しよう

相談

早期の治療が大切です

朝起きてみると突然耳が聞こえなくなっていたり、大きな耳鳴りに驚く場合があります。人によってはめまいや吐き気が伴うこともあります。これらの症状は突発性難聴が原因かもしれません。突発性難聴は文字のごとく予期せずして起こるため、精神的な不安感も強く、どのような対応をすればよいかわからなくなる人がいます。また、仕事が忙しく症状に気づいていても耳鼻科を受診することを先延ばしにしてしまう場合もあります。新宿区にある耳鼻科では突発性難聴の治療は早期治療が早期回復に繋がるといわれています。症状を自覚してから1週間以上放置してしまうと難聴や耳鳴りが残ってしまう恐れがあります。原因は内耳のウィルス感染や内リンパのむくみ、腫瘍などが考えられます。

治療方針を見つけましょう

新宿にある耳鼻科では、内耳の画像検査や聴力検査により原因を突き止めていきます。一般的に難聴や耳鳴りの症状は全貌がまだ解明しきれていない事も多く、さまざまな観点から治療を施す時間が必要になります。診断の結果ウィルス感染による場合には抗ウィルス薬が治療に効果的といわれています。また、内リンパ水腫の場合には滞ったリンパの流れを改善するために循環改善薬などの薬物治療が必要です。場合によっては画像検査から聴神経腫瘍が発見され、他の器官を圧迫して起こる難聴もあります。新宿にはさまざまな場所に耳鼻科がありますが、腫瘍摘出手術が必要な場合には新宿区内の設備の整った病院を紹介してくれます。耳に関する体調不良は検査を最優先に行うことで早期に治療方法を見つけることが重要と考えています。